最近の投稿
アーカイブ

違い

脳神経外科では、「ガンマナイフ」と「サイバーナイフ」という放射線を用いた治療で脳動静脈奇形を改善させます。
この2つの放射線治療ですが、ともに頭にメスを入れる事もなく、体に負担をかけずに脳病巣を破壊させていきます。

同じ放射線治療ですが、この2つの治療方法にはそれぞれ特徴的な部分があります。
まず、ガンマナイフとサイバーナイフではフレームの固定方法が異なります。Read more

タイプ

脳神経外科で行われている脳動静脈奇形の治療といえば、「ガンマナイフ」です。
ガンマナイフはメスを使わずに放射線のエネルギーによって動静脈奇形を切除していきます。
このガンマナイフと同じように、放射線を用いて脳動静脈奇形を改善させる治療方法があります。それは「サイバーナイフ」です。

サイバーナイフ治療には、放射線を放出するロボットを使用して脳動静脈奇形を改善していきます… Read more

流れ

切開手術をせずに脳動静脈奇形が改善できる「ガンマナイフ」は脳神経外科で受けられます。
ガンマナイフ手術は、まず頭にフレームを装着させます。
フレームを装着する際には、局所麻酔を使用するので、痛みは全くありません。フレームのピンを頭に固定したら、MRI撮影をします。
MRI撮影では、切除する動静脈奇形の場所を特定していきます。また、MRI撮影の他に、脳血管撮影も同時に行います… Read more

オススメリンク
カテゴリー